トップイメージ

自動車重量税、別称重量税とは国産メーカーの車あるいはイタリア車というような自動車の生産国やプラグインハイブリッド車、ステーションワゴンという自動車の形状に全て同じで、ジャガー、等にも課せられる税金です。仕事 辞めたい アフィリエイト

新車登録の際、あるいは定期車検の時に支払う必要があるものです。

税額はそのクルマの重さで決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に違うものなので、基礎を理解して一緒にしないようにする必要があります。

「自動車重量税というものは車の車重毎に」「自動車税という税金は車のリッター数毎に」その金額が違います。

売却する時の対応も異なりますし注意が必要です。

自動車を手放す際には支払い済みの自動車の税額がどれだけ残っていてもその税額が返還されることはありませんが、一方で自動車税の時は、支払った残存税額を査定額に乗せてくれるといったケースがありますが、重量税に関しては足されるというケースはあまりありません。

重量税については、車の処分時に納めてある税額があると言っても中古車買い取り業者側でそれが忖度されるケースは少ないと思います。

ですので次の支払いつまるところ車検に出すまで売らずに待ってから買い取ってもらうという手段が最も良いと思います。

引き取りの時は考慮していただけない重量税ですが、特別な事例でしたら還付していただけることもあります。

これにあたるのは車検期間が残ったままの廃車として処理する時です。

というのは廃車登録をすると、残っている車検期間に従って税金が戻ってきます。

ですが中古車の買い取り時はその自動車が廃車されるのとは違うので還付されません。

そして、自動車の名義変更をした時や盗難された時なども還付を受けることは不可能です。

自動車重量税が残っている愛車を売却するイコール、要は車検期間が残っているクルマということと同じです。

それを買取店も考慮しますので重量税が残存していれば、それなりに買取額が上がることでしょう。

当たり前ですが買取額は店次第でまちまちなのですが車検の効力がまだある事実が考慮されれば自動車の買取金額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.edithburghcc.com All Rights Reserved.