トップイメージ

キャッシングをご利用するためには、ご利用するサービスの審査に申し込んで、そのキャッシングサービスの審査をクリアすることが前提です。

となると、そういう審査において、使用者のどういった部分が判断されるのか。

融資する会社は審査の申し込みを受けると、初め、弊社の登録リストに申込者が以前に登録済みかどうなのか、ということを調査します。

審査基準を通過すると、信用情報機関等に問い合わせて、申込みした人のデータがあるか否か調べます。

次に、申込みした人の歳や過去の利用履歴といった、プライベートな情報の要素からも調べていくのです。

そこから、キャッシングを許可するか否か、どれだけの金額の貸出しを認めるか判断します。

審査をクリアすることで、クレジットカードが持て、借り入れサービスをご利用することができるようになるのです。

お金の借入れの手続きには、申込み者の個人に関する情報といえるもの余すことろなく晒すつもりで望まなければなりません。

自分はもとより家族のことや職業や勤め先や、住居の環境なども審査事項に記入が必要です。

お金の貸付け会社の難しい審査では、そういうチェック項目を属性と呼び、中でも、特別に大事な属性があり、その項目に問題が出てしまった場合には、厳しい審査をパスする割合いは大分低くなってしまいます。

重要視される属性とは、その人がどんな人間なのかと審査することができるもので、なおかつ確証がとれることについては重要視される動きがあります。

その中でも、所得レベルが知ることができる属性も重要視されます。

年収は重要とされると思われるかもしれませんが、事実上、年収は自分で申し立てが可能ですので、月の収入自体確証ができない限りは過度に重要とされるものでないとされています。

でたらめな年収の報告もできる項目なので、裏付けがあるものより重要とすることはないです。

また、職種の面では、「退職率が少ない」ものであれば、審査にはプラスポイントになります。

警察官などの公務員がその最たる例で、公務員に次ぐ職業ではサラリーマンなどとなります。

審査にマイナスとなってしまう職種は逆で、「離職率が高い職種」とされています。

水商売関係や、日雇いの労働、自営業や、芸能人なども、安定した業種だと判断されにくく、審査自体が通りにくくなるようです。

一方で住宅では、自分の家であるか否かはもちろん重要視されるが、持ち家かどうかと同時に、住んでる年数も大いに重視することは高級な住宅暮らしているかというよりは、どんな家であってもずっと住んでいるほうが審査は有利です。

長期間住んでいることで、信用できると評価されるのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.edithburghcc.com All Rights Reserved.